【米国株投資】ウィートン・プレシャス・メタルズ (WPM) 企業情報・配当・関連情報

金鉱株投資は値動きの大きい株式への投資です。
金鉱株については、一度下落相場に突入すると50%以上下落する可能性もざらです。
値動きの大きさを理解した上で投資する必要性がありますのでご注意ください。

スポンサーリンク

チャート

ウィートン・プレシャス・メタルズ株価を左右するニュース

ウィートン・プレシャス・メタルズ株価を左右する関連ニュースは、このページの下の方の「関連情報」にまとめて適宜更新中!

企業情報

項目 内容
web https://www.wheatonpm.com/
業種
売上高
(百万ドル)
1,096.22
当期純利益
(百万ドル)
507.80
従業員数 39
時価総額
(百万ドル)
20,137.84
事業概要 ウィートン・プレシャス・メタルズ(Wheaton Precious Metals Corp)は貴金属ストリーミング会社である。
事業内容 金、銀、パラジウムなどの貴金属の販売を行う。約19の操業中の鉱山と9つの開発段階プロジェクトのストリーミング契約を締結する。ストリームには、サロボ、ペナスキート、アンタミナ、コンスタンシア、スティルウォーター、サンディマス、サドベリー、ジンクルバン、ヤウリヤク、ネベスコルボ、ミント、パスクアラマ、ローズモント、ボイジー湾などが含まれる。サロボ鉱山はブラジルの銅鉱床である。ペナスキート鉱山は露天掘り鉱山であり、金銀鉛亜鉛ペナスキート鉱床のホストである。鉱山はサカテカス州の北東部に位置し、ペナスコとチリコロラドの2つの露天掘りで構成される。アンタミナ鉱山は、ペルーのアンデス山脈にある銅鉱山である。コンスタンシア鉱山は露天掘り鉱山で、銅、モリブデン、銀、金を産出する。スティルウォーターは、米国モンタナ州にある白金族金属(PGM)の鉱山である。

最新株価(2021.09.13時点)

44.4100 ドル

AKI買い指数(2021.09.13時点)

30ドル

(世界情勢が不安定な時には35ドル)

配当月

3・6・9・12月

増配年数

-年

配当利回り

1.35 %

現金配当

発表日権利落日支払日配当内容
2021/08/122021/08/262021/09/09一株につき0.150000USD
2021/05/062021/05/202021/06/03一株につき0.140000USD
2021/03/112021/03/252021/04/13一株につき0.130000USD
 2020/11/09 2020/11/242020/12/10一株につき0.120000USD
  2020/08/122020/08/262020/09/10一株につき0.100000USD

1株データ

1株当たりキャッシュフロー(ドル)1.67
1株当たり配当(ドル)0.42

財務状況

粗利益率(%)53.42
ROE(%)自己資本利益率(AKI推奨目安:20%以上)9.20
PER(倍)株価収益率(【AKI目安】割安:15~20倍、割高:20~25倍)39.36
PBR(倍)株価純資産倍率(目安:1倍 低い側割安)3.49

関連情報

【2021.02.07】
ウィートン・プレシャス・メタルズは、執筆時点で株価は緩やかに下落中。
金鉱株は、長期的に上昇を考慮するとカイト判断する方もおられますが、個人的にはリスクの可能性もあることからAKI買い指数付近までは購入は難しいかと考えます。

ご注意

皆さんご認識かと思いますが、投資に関しての判断はご自身でお願いいたします。今や金融機関にお金を預けていても何の価値も感じられない時代となっていますので、私自身が米国株投資をはじめるにあたり、私自身が投資の判断を行うにあたり、参考になるように情報を記載しています!

スポンサーリンク
おすすめの記事